top_main2.gif

greeting2_btn.gifsozai_btn.gifgarelly2_btn.gifblog2_btn.gif

matte panのパンは自家製酵母でじっくり丁寧に発酵させてパンを焼き上げています。
小麦の味を楽しんでもらえるような、華やかさはないけれど素朴なパンを愛情こめて作っています。
パンも人と同じように生きています。そして、機嫌の良い日もあれば、そうでない日も。
パンの声を聞いて、パンと相談しながら水分量だったり捏ね具合、発酵具合を見て、焼き上げます。

●素材について(2017.11月現在)
※今年度は沖縄県産小麦は鳥害のため手に入らなかったため、県産小麦のパンは作っていません。

基本的には美味しいということをベースに、安全・安心なものをできるかぎりセレクトして、使用しています。

・小麦粉
 ├ハード系のパン:北海道産のモンスティル、スム・レラ、九州産の臼かおり、北海道産の全粒粉、ライ麦粉
 ├食パン:北海道産のはるゆたか、キタノカオリ、ライ麦粉
 ├黒糖パン:北海道産のはるゆたか
 ├ベーグル:北海道産のはるゆたか、キタノカオリ、全粒粉、ライ麦粉
 ├スコーン、マフィン:北海道産のドルチェ、全粒粉

・自家製酵母
  オーガニックレーズン酵母

・砂糖
  沖縄県産の黒糖ときび砂糖
  黒糖パンと食パン、スコーンやマフィンに使います。

・塩
  沖縄の海水100%の自然海塩(粟國の塩)

・バター
  スコーンとシュトーレンに九州産の高千穂発酵バター(食塩不使用)

・チーズ
  ゴーダチーズ、クリームチーズともにオーストラリア産のナチュラルチーズ

・オイル
  黒糖パンと食パン、焼き菓子の一部にはオーストラリア産の非遺伝子組み換えなたねを使ったなたね油
  フォカッチャにはイタリア産のEVオリーブオイル

・その他副材料
 できるだけ体に優しい素材でかつ美味しいと思えるものを、加工品はなるべく使わず、
 作ることができるものは手作りして使っています。

●保存と食べ方について
スライスしたパンをトースターなどで軽く焼くと、外はカリっと中はもっちりとした食感になり、小麦の香ばしさも
感じられます。すぐに召し上がられない場合は、パンをスライスしてから、ジップロックなどに入れて、
冷凍保存してください。冷凍したパンは軽く水で湿らせてから温めたトースターで焼いて、お召し上がりください。
スコーンもトースターなどで焼きなおしていただくことをオススメします。バターの風味とざっくりとした食感を
味わっていただけます。